ラブグラは女性用媚薬なの?

ラブグラは女性用媚薬なの?

女性も性欲がありますが、様々な要因によって性欲が減退してしまいます。そのため夫婦としてのコミュニケーションが取れない、などの悩みになってしまうこともあります。

そんな悩みを改善するために有効な薬が「ラブグラ」などの女性用バイアグラになります。女性用バイアグラとは文字通り、バイアグラのような効果を期待できる薬です。

女性用媚薬にラブグラは入るのではないか、と思いうさんくさく感じてしまう人もいると思いますが、性感高めるなどの効果はなく、媚薬や不感症対策、快感を高めたり、性的興奮をさせるなどの効果は全くないものだとされています。

そのため、ラブグラを女性用媚薬として販売しているサイトがあったら避けることが無難です。ラブグラの具体的な働きとしては、女性の精力が減退している理由としてはホルモンバランスが乱れて、ホスホジエステラーゼという酵素が過剰分泌されていることが考えられます。

この酵素が働くことで分泌液が減ってしまったり、性感刺激ホルモンの低下などを引き起こしてしまいます。そのため性的欲求が減ってしまったり、相手に好意や愛情があったとしても性行為を行っている時に気持ちが良くないという状態になってしまいます。

ラブグラはこの過剰分泌されるホスホジエステラーゼの働きを阻害する効果があり、女性器周辺の筋肉を弛緩させることで血管を拡張して血流を促進することで性的な刺激を受けやすくなる作用があります。

つまり、性的な感度を良くする体の状態を作ることのできる体質に近くなる効果が期待できます。また、刺激を受けることによって分泌液も増えるため、痛みも軽減される効果も得られると考えられます。

ただし、あくまでも性的な感度を得やすくなる状態になる、というだけで性欲自体を高めたり、性的興奮を増加させる効果はないということを覚えておく必要があります。

体の状態を良くすることのできる女性用バイアグラですが、飲み方を間違えてしまうと効果は半減してしまうとされています。

まず重要なのが飲むタイミングで、性行為直前に飲んでもあまり効果は得られないとされています。1時間前くらい前に服用することで、女性器周辺の血流が促されて膣内が潤いやすくなります。

満腹時に飲むのも避けることが無難です。空腹の時に飲むことで有効成分の吸収率が良くなります。また、食べ合わせや飲み合わせの悪いものもあるため注意が必要です。その他、服用量を間違えているなども効果を半減させてしまいます。