女性用媚薬服用時の注意点

女性用媚薬服用時の注意点

女性でもセックスに積極的な人は大勢いますので、女性用媚薬を取り入れる人も少なくありません。女性用媚薬は男性側の要望で取り入れられることも多く、もっとセックスを楽しみたいという気持ちの現われです。

色々なタイプがあって、香水をふりかけたり飲んだり、塗るタイプもあります。香水には性フェロモンやイランイランが含まれており、リラックス効果がありますが効果は低めです。

匂いから女性の本能を刺激するものであり、興奮させるというよりは気持ちを落ち着かせて対人関係を良好にするような作用を持ちます。

飲むタイプにはサプリやドリンクがあり、マカやザクロ、ガラナ等が含まれています。セロトニンや性ホルモンの分泌を促して感度や興奮も促されますので、普段よりも性欲がアップして血流促進の効果により感じやすくなります。

不感症で悩む人にはサプリがよく利用されており、より高い効果を求める人にはドリンクがよく利用されます。

塗るタイプにはエストロゲンやL-アルギニン、L-シトルリン等が配合されており、性ホルモンを活性化させたり性欲をアップさせたり、快感が増すといった作用も確認されています。

ローションのかわりに使うことができますし、即効性がありますので使用してからすぐに効果を実感できます。

セックスをより楽しむためのアイテムとして非常に優秀ですが、気を付けたい点もあります。もっとも注意しなければならないのは副作用であり、媚薬にも一般的な医薬品と同じように副作用のリスクがあります。

利用すれば快感を得られやすくなりますし、いつもよりもセックスに集中できますが、体に悪影響を及ぼすこともありますので注意が必要です。

含まれる成分によっては血行を促進させたり中枢神経を刺激する効果がありますが、心臓の機能に問題がある人が使用すると負担がかかり過ぎて重篤な副作用が起こることもあります。

また、普段から血圧が高い人や肝機能に問題がある人も慎重に利用しなければなりません。軽い症状としては、頭痛や腹痛、顔の火照りも確認されています。

日本製の女性用媚薬は安全性が高いので副作用のリスクが低いといわれていますが、最近では海外製の媚薬もたくさん出回っていますので信頼できる商品しか利用しないようにすることが大切です。

リスクが低いのは香水であり、塗るタイプも飲むタイプと比べれば安全です。サプリの場合はアルコールと一緒に飲んでしまうことがありますが、これも危険な行為ですので避けるべきです。